Google Search Console(サーチコンソール)【Googleアナリティクスと併用しよう!】

本記事でも、前記事(【無料】アクセス解析ツール「AIアナリスト」【簡単!高機能!】)に引き続き、GoogleアナリティクスやAdobeアナリティクスといったアクセス解析ツールそのものではなくて、そういったアクセス解析ツールと併用することで効果を発揮する支援ツールを紹介します。

今回紹介するのはGoogle Search Console(サーチコンソール)です。

Google Search Console(サーチコンソール)は、Googleが提供している無料サービスです。以前は「ウェブマスターツール」という名称でした。

 

サーチコンソールでできること

サーチコンソールを使うことでわかることは大きく分けて2つあります。それは、

1.登録したWebサイトがGoogleからどのように認識・評価されているか

2.登録したWebサイトが検索結果でどのように表示されるか

です。つまり、登録したWebサイトに関する、Google視点での情報が手に入るのです。

主要な機能の紹介

サーチコンソールに登録すると上の図のような画面が出てきます。サーチコンソールの機能は、ほぼ、上の図の赤線で囲まれている4つのメニューバーの通りに大別できます。ここでは、その4つのメニューバーについて解説します。

①「検索での見え方」

ここでは、検索結果に表示される情報のコントロールに関する情報や、HTMLの記述にエラーがないかどうかを確認することができます。

②「検索トラフィック」

ここでは、どのページがどんな検索キーワードで何位くらいに表示されているのかなど、検索結果に多くのページを表示させるためのヒントを得ることができます。

③「Googleインデックス」

ここでは、検索エンジンに登録されているページの状態を把握するための情報を得ることができます。インデックスの状況や自社サイトのコンテンツで使われることの多い重要なキーワードを確認できるのに加えて、インデックスしてほしくないページ(検索結果に出したくないページ/間違って公開してしまったページなど)のインデックス削除要請もすることができます。

④「クロール」

ここでは、Googleが正しくホームページにアクセスできているか(クロールできているか)を確認したり、登録しているWebサイトに新しいページを追加した際にその旨をGoogle側にでんたつしてクロールしてもらいやすくしたりすることができます。

基本的には迷わず導入!

このように、サーチコンソールは、Googleアナリティクスだけでは得られない検索に関する詳細な情報を得ることができます。

設定方法も比較的簡単で、また何より無料なので、Googleアナリティクスと併せて導入することを強くおすすめします。