WebAntenna【広告効果測定ツール】

本記事では、以前書いた別記事(アクセス解析ツール「AI アナリスト」【無料!簡単!高機能!】)同様に、GoogleアナリティクスやAdobeアナリティクスといったアクセス解析ツールそのものではなくて、そういったアクセス解析ツールと併用することで効果を発揮する支援ツールを紹介します。

今回紹介するのは、広告効果測定ツール「WebAntenna」です。

アクセス解析ツールと似ていますが、少し目的の異なるツールが「広告効果測定ツール」です。

ネット広告の出稿量が増えてくると、それらの効果測定がどんどん大変になってきます。広告代理店にお任せなら大丈夫ですが、自分で効果測定したり、複数代理店を管理したり、となってくるとかなり煩雑です。バナー広告・リスティング広告 ・メルマガ・ソーシャル・自然検索など何種類もの広告を出すようになってくると、どれもデータ元が違って、どんどん管理や集計が大変になってくるでしょう。

そこで活躍するツールが、この「WebAntenna」です。

WebAntennaを使えば、広告の成果を一元管理することができて、煩雑な作業にかかる工数を削減することができます。

WebAntennaでできること

1.すべての施策の効果をまとめて管理可能

バナー広告・リスティング広告・自然検索など、データ元ごとの成果達成度合を一画面で一元管理することができます。

2.まとめて管理できるので、煩雑なデータ集計の必要がない

複数の広告媒体に出稿している場合も、ひとつの管理画面でまとめてデータを見ることができるので、面倒なデータ集計作業に工数を割く必要がなくなります。

3.クリエイティブ面での効果も確認しやすい

画像も登録することができるので、管理画面でクリエイティブごとの効果の差を比較・検討しやすいです。

4.アトリビューションやカスタマージャーニーも把握可能

直接的な効果がわかりにくいバナー広告などの、間接的な広告効果(これをアトリビューションと言います。)まで深く分析することができます。

また、一人ひとりの行動パターン(カスタマージャーニー)も追うことができます。

ネット広告で成果を出したいなら導入しよう!

ここまで説明してきたように、WebAntennaは、

1.種類の多いネット広告の効果測定を、煩雑な集計作業を省いて一元的に管理できる

2.管理しやすいだけでなく、アトリビューションやカスタマージャーニーといった深い分析も可能

というスグレモノです。

また、気になる価格についても、初期費用無料で、基本的にクリック数に応じて料金が上がっていく体系なのでコストパフォーマンスにも優れています。

ネット広告という手段での成果創出を目指している方は、有料ではありますが是非導入されることをオススメします。