User Heat【無料・高機能なヒートマップ解析ツール】


 

 

本記事では、別の記事(アクセス解析ツール「AI アナリスト」【無料!簡単!高機能!】)同様に、GoogleアナリティクスやAdobeアナリティクスといったアクセス解析ツールそのものではなくて、そういったアクセス解析ツールと併用することで効果を発揮する支援ツールを紹介します。

今回紹介するのは、ヒートマップ解析ツール「User Heat」です。

ヒートマップ解析ツールとは、ユーザーがページのどこをクリックしたか、どこがよく見られているかをサーモグラフィ状に可視化してくれるツールのことです。

Googleアナリティクスだけだと、ユーザの「スクロール」や「クリック」を計測することができませんが、ヒートマップツールがあれば、離脱の原因がページの上部にあるのか、下部にあるのかを特定することができるのです。

ヒートマップ解析ツールは何種類もありますが、無料jかつ高機能という点から、「User Heat」をオススメします。

User Heatは、スマホ・タブレットにも対応しており、1サイトあたり月間30万PVまで分析することができます。

マウスの動きも分析可能

User Heatの特筆すべき点は、ヒートマップ解析の他にもユーザーのマウスの動きの分析が可能な点です。

ユーザーのサイト上での実際のマウスの動きを見ることで、興味や関心、離脱ポイントを探り、Webサイトを改善していくことができます。

サイト作成者の意図とユーザーの行動のマッチ度を見る

User Heatを利用すれば、サイト作成者の意図(Webページ上でユーザーにどのような行動をとってもらい、どのようなプロセスでコンバージョンに至ってほしいか)がどの程度実現しているのか、実際のユーザーの現実行動と照らし合わせて確認することができます。

もちろんGoogleアナリティクスのようなアクセス解析ツールを用いてデータからユーザーの気持ち・行動を推測していく手法も非常に有効ですが、それだけではカバーしきれない部分もあります。

User Heatは、実際にユーザーにヒアリングを行っているかのような効果(いや、ユーザーが無意識のうちにとっている行動も分析可能なので、それ以上のモノを得られるともいえます。)を得ることができる非常に優れたツールです。Googleアナリティクスなどを用いたデータ面からのアプローチと組み合わせて利用することで、効果的なサイト改善を行っていくことができるでしょう。